TOP > ホワイトニング>>Q&A>>ホワイトニングできない場合

ホワイトニングできない場合

●被せ物、銀歯、プラスチックの歯、大きな詰め物で治療をした歯などには効果がありません。また、エナメル質の破損や障害、知覚過敏のある方にはお勧めできません。セラミックスやラミネートベニアをお勧めいたします。
●妊娠中や授乳中の女性
●ホワイトニング剤にアレルギーを有する場合
●無カタラー症
●歯の形が不完全な形成不全
●ダークグレイ、ダークパープルの変色
●金属材料の影響による変色歯
●重症のテトラサイクリン変色歯
●極端な要望